高畠町・山形県について about TAKAHATA

高畠町は県内でも南部に位置し、南は福島県、東は宮城県に隣接する自然豊かな町です。高畠町は、稲作を始め「ぶどう」「ラ・フランス」など農業が盛んに行われており、中でも食味コンクール等で上位入賞をしている「上和田有機米」は、全国的にも認められたブランド米です。高畠ワインでも使用しているシャルドネ品種、デラウェア品種に関しては市町村単位では全国一の出荷量を誇り、高畠町は有機農法の先駆地として多くの方に知られています。

また、高畠ワイナリーへのアクセスの便利なJR高畠駅には山形新幹線も停車し、全国でも珍しい「温泉」のある駅としても有名です。町内には、日本三文殊の亀岡文殊堂、犬や猫を祀る「犬の宮」「猫の宮」、童話でお馴染みの浜田広介記念館など、多くの名所、旧跡が点在しており、毎年多くの観光客で賑わいを見せます。映画「スウィングガールズ」のロケ地としても知られており、今も多方面から注目を集める山形県最大の「町」です。

高畠の四季

春高畠の春は、3月下旬から4月にかけての雪解けから始まります。
盆地であるため、5月頃まで山々の頂には雪が残っています。
新緑を始め桜や菜の花など、それまで真っ白だった季節が徐々に彩られていきます。

夏ひとたび日陰に入れば涼しいものの、高畠町は県下でも上位の暑い町です。
初夏の風物詩さくらんぼに始まり、色とりどりの夏をお楽しみいただけます。
一方、静かな山里では今でも川のせせらぎに蛍を見ることが出来ます。

秋実りの秋、収穫の秋、食欲の秋。高畠の秋はさまざまなフルーツ、お米などの収穫で最も豊かな季節です。朝晩の気温差により、美しい紅葉を愛でることが出来ます。
稲刈りが終わった田園風景には郷愁という言葉がぴったりです。

冬ひっそりと吐く息が白くなる季節です。それまでの活発的で実り多く豊穣だった地は一転、真っ白な世界に代わります。それでも寒さにも負けず真冬の祭りが人々を鼓舞します。
12月から約3か月の間、長く厳しい冬を抜ければ、もうすぐ春の訪れです。